青山・表参道の脱毛サロン体験談と注意点まとめ

青山・表参道の脱毛サロン

【青山・表参道の脱毛サロン体験談】

友人の勧めで、デリケートゾーンの脱毛サロンに通いました。
以前は大手サロンAにて、脇の脱毛を行っていました。元々面倒くさがりな性格でしたのでデリケートゾーンの脱毛も行いたいと思っていましたが
通っていたサロンではデリケートゾーンの脱毛は行っていなかった為、CMやネットで検索し、大手サロンBに体験に行ってみました。
大手サロンBは、立地も良くリーズナブルな価額を詠われていました。
いざ、体験へ行くと担当のスタッフの対応がイマイチ・・・。おまけに他の部位の勧誘なども多く、どんどん施術価額も膨らんでいったので、その場では契約せず帰宅しました。
自宅にて、口コミを見てみたらほとんどの方々が良い事を投票されていましたが、中には私と同じような体験をされた方の投票がありましたので他のサロンを探す事に。
そんな時に、友人の勧めでサロンCを紹介されました。

紹介されたサロンCは個人サロンで、スタッフも数名・立地も少し不便で価額も高かったですが、体験の際にカウンセリングから施術までしっかりと行って頂けた為、サロンCに通う事に。
施術は数か月に1回のペースで、カウンセリング等も含めて1時間程度でただ寝ころがっているだけで大丈夫ですが、脇の脱毛と異なりデリケートゾーンの脱毛は足を広げてデリケートゾーンをスタッフに見せなければならなかった為、少し恥ずかしかったです。
また、予め脱毛箇所を自己処理していく必要があります。ビキニラインは目に見えるので簡単に処理できますが、IラインやOラインの処理には苦労しました。何度か傷をつけてしまい痛い思いをする事も・・・。

青山・表参道の脱毛サロン

【青山・表参道の脱毛サロン注意点まとめ】

・デリケートゾーンの脱毛の場合の、施術前の自己処理は目に見えるビキニラインは自己処理を行いやすいが、IラインやOラインは身内や仲の良い友人に手伝ってもらう事をお勧めします。
・自己処理を行う際は、石鹸やフォームを使うよりローションを使うのがお勧め。泡を使うと処理する場所が見えにくく、傷をつけてしまう可能性があります。それに比べてローションは透明で滑りも良く比較的に安全です。
・脱毛サロンでも、施術後に鎮静はしてもらえますがデリケートゾーンの場合は自宅にて、精製水等で鎮静すると肌が綺麗に保たれました。
・どこの脱毛サロンに通うかは、何店か足を運び、色々と比較検討される事をお勧めします。

【青山・表参道の脱毛サロン口コミ情報】

・大手サロンでも口コミ情報は確認して行くべきです。

【青山・表参道の脱毛サロンの情報】

・私はデリケートゾーンの脱毛の前に、脇の脱毛の経験があったので脱毛の施術の種類や、注意点は把握していましたが初めて通われる場合は、念入りに脱毛の種類は確認しておくべきです。脱毛の種類を組合す事で、比較的早い期間で脱毛が完了するケースもあります。
・サロンにて施術の前に行う、自己処理が万が一出来ない場合は、施術先で行ってもらえるかも相談すると良いです。

【青山・表参道の脱毛サロンの選び方、比較】

・大手サロンは価額がリーズナブルだったり、交通の便は良いがスタッフの技術が浅かったり、予約が取りにくい。
個人サロンは価額は多少高かったり、交通の便は悪い場合が多いが宣伝等も控えめで、口コミによる紹介が多いので技術的にも安心が出来るし、アットホームで予約も臨機応変に対応して下さる場合が多いので、どこに重点を置くかでサロンは決めた方が良い。

Read More

デリケートゾーンの自己処理

デリケートゾーンの脱毛はサロンやクリニックに行くことが恥ずかしいと思う人もいます。

また、デリケートゾーンの脱毛は好みがあり、人それぞれ違います。
下着や水着から出ない程度でいいという人から、完全に脱毛して、つるつるにしたいという人まで範囲が様々です。

毛の生えている面積や毛量、毛の太さなども個人差があります。
あまり毛が濃くなく、問題もないという人は自己処理でもかまわないでしょう。
その場合、カミソリや電気シェーバーで剃る方法と、ワックスや毛抜きで抜く方法があります。

脱毛 青山

電気シェーバーは女性用の製品が出ているので、女性用を使用します。
カミソリと違い、肌を傷めないように工夫されています。毛が絡まないように、あらかじめ鋏で短く切っておきます。
蒸しタオルをあて毛を柔らかくします。ワセリンなどを縫って肌を傷つけないようにし、シェーバーを強く押し付けないようにして剃っていきます。

剃り終わったら、またワセリンなどでお手入れをしておきます。
シェーバーやカミソリで処理した場合、毛の断面が鋭利になって、下着や水着の布を突き破って飛び出してしまう恐れがあります。

熱で毛を焼く器具を使えば、断面は丸くなるので、布から突き出たり、ちくちくすることはなくなります。

ワックスや毛抜きで抜く場合には、多少のリスクがあります。
デリケートゾーンの毛は太くてかたい場合があり、無理をして抜くと、内出血する恐れがあります。また毛穴が広がり、そこから雑菌がはいり、化膿する場合もあります。

毛抜きなどで抜くと、次に生えてくる毛が皮膚の下に埋もれる埋没毛になるリスクもあります。
毛の生えている面積が狭い人は、はさみでぎりぎりまで切る程度で大丈夫ということもあります。
カミソリにしろ脱毛ワックスや毛抜きにしろ、なんらかの形で皮膚を傷めることがあります。

エステの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛は、毛根を破壊するため基本的に再び生えてくることはありません。

エステやクリニックで脱毛の施術を受ける場合、毛を生やしておく必要があります。レーザーなどが毛の黒い色にしか反応しないためです。

レーザー脱毛は生えている毛にしか反応しないので、一度施術を行ってから、休止期で待機状態の毛が生えるまで2,3カ月の間隔をあける必要があります。

エステやクリニックでは6回の施術を基本としているところが多く、毛量などにもよりますが、2年以上通うことになります。
自己処理した場合は、すぐに毛先が伸びてきて黒いぼつぼつが見える状態になります。
また頻繁に処理するため時間と手間がかかり、皮膚の負担もおおきくなります。
エステやクリニックで脱毛を行うと、ほとんど永久脱毛といっていい結果が得られます。
自己処理するしかなかった時代と比べ、エステやクリニックが低料金で脱毛を競っている現在は、
デリケートゾーンの毛を永久脱毛することも選択肢の一つです。

Read More